鍵を交換するメリットの認識不足

毎日生活をしていて、何もないのに鍵の交換をしようと意識する人は、一体どのくらいいるでしょうか?
鍵は、家の中と家の外をはっきりと分けてくれる役目を果たしています。
錠をすることで、家の外にいる人が家の中に勝手に進入することを防いでくれ、安心して夜眠れたり生活したりすることができるのですが、このような重要な役割を担ってくれているにもかかわらず、紛失するなどがなければ交換しようと考える人が少ないのが実情です。
壊れたり紛失してもいないのに新しくする必要はないだろうと思っている方は、要注意です。

泥棒は不在中に印をつけたり、ピッキング・開錠できるかを調べる

他人の財産を狙う憎き泥棒は、家屋住人の不在中にポストや表札、電気やガスメーターにさまざまな印をつけて犯行を実行する際の情報に役立てていることはご存知でしょうか?
さらに泥棒によっては、鍵穴から開錠しやすい物件を物色するとも言われています。
恐ろしいことです。
ただ、鍵も進化を続け、泥棒対策用にピッキングや開錠しにくいディンプルキーと呼ばれるものなどが開発されています。
もしあなたが泥棒で、自分の腕や道具で簡単に開錠してしまえる家と、開錠することがとても難しい家があったとしたら、どちらに盗みに入りますか?
きっと、自分の腕と道具次第で簡単に開錠してしまえる家を狙うでしょう。
そういったターゲットにならないためにも、しっかりと進化した最新のものを使用したいですね。

鍵をときどき交換して防犯を強化

防犯対策はときどき見直すことが必要であることはご存知だと思いますが、それはどうしてでしょうか?
泥棒や犯罪者も新しい道具や知識で対策を行ってくるからです。
泥棒や犯罪者はそれで生活しているので、命がけです。
防犯対策を行う側も、ときどき自分の防犯対策を見直す必要があります。
定期的な防犯対策のひとつとして、鍵も一度交換したら良いというものではなく、古くなったり、近くで空き巣の情報があったりした場合には交換することをお勧めします。
防犯対策をしっかりと見直し、安心して暮らしていきたいですね。